2012年07月13日

ふんわり

鼻血で始まる、コミュニケーション!?

昨日、不思議な光景を
目にしました。


スポーツショップでの
一幕です。


レジで精算している
お母さんと、5歳くらいの男の子。


おつりを待っている間、突然!!
こんな会話が繰り広げられ始めました。


男の子「今日ね〜、ぼく鼻血出たんだよ〜♪」(なぜか、誇らしげ)

レジのお兄さん「えっ!?そうなの?」(一瞬にして、目は点・・・)

男の子「でもね、泣かなかったんだよ」(完全に、勝利宣言)

レジのお兄さん「す、すごいね〜」(そういうしかない・・・)

男の子「坂でね、転んで出ちゃったの」(でもなぜか、自信満々)

レジのお兄さん「坂はさ、危ないからね〜」(徐々に、男の子のペース)
       ・
       ・  鼻血についての会話が、その後も続き・・・。
       ・
男の子「じゃあね!」(笑顔)

レジのお兄さん「またね〜!」(もっと笑顔)



と、こんな感じの一幕。


最初は、困惑気味だったお兄さんが
気づくと男の子のペースになってて


最後には、最高の笑顔に
なってました!!
(私の時には、決して見せなかった笑顔・・・)


人って、色んな時間に色んな場所で
たくさんの人とすれ違っているけれど

ただのすれ違いで終わる人と
なぜか、関わりを持つ人って
いますよね。


この間も、コンビにで
お釣りを渡されながら

「今日も暑くなりそうですね〜」

そう、おばさんに言われただけで
何だか心がほんわかあったかくなったりして・・・。


ただの、ちょっとした会話が
レジのお兄さんに
最高の笑顔をもたらしたように。

ただの、ちょっとした会話が
私の心をほんわかさせてくれたり。


ほんのちょっとの関わり合いも

人って、いいな。
一人じゃないんだな。


そんな風に思えたりするもんです。


鼻血の武勇伝に
何だかとっても大きなものを
教えてもらった気がします。


○。。。○。。。○。。。○。。。○

『ふんわり』

ふんわり優しさ

投げてあげると

ふんわり笑顔が

返ってくるよ

○。。。○。。。○。。。○。。。○



職場でも地域でも学校でも
コミュニケーションの大切さが
叫ばれてますよね〜。


でも、コミュニケーションって

ふんわり〜で
いいのかな〜って思います。


頑張ろう!とか張り切ろう!とかって
思わずに

自分のできる、自分らしいふんわり〜とした
言葉だったり、行動だったり・・・。

ふんわりしてる分
相手に届くのも、きっと心地良い感じになって

無理のないコミュニケーションが
できるのかもしれません。

そこから、もっと強いキズナが
生まれてくる相手も出てくることでしょう。


それにしても、鼻血の男の子。

少なくても、レジのお兄さんの一日を
ステキな日にしてあげた功労賞を
あげたいですね♪


私も、鼻血出たら
お兄さんに言いに行かなきゃ(笑)!

posted by dainoji at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。