2012年09月04日

ひとりじゃ

今、ココロがほんわか
あったかくなる光景を目にしました。


バス停で、深々と頭を下げる
おばあちゃん。


下げてる相手は
自分を乗せて来てくれたバス。


ちゃんと運賃払ってるのに
バスを降りた後も
バスに向かってか
バスの運転手さんに向かってなのか


丁寧に丁寧に
頭を下げ続けてました。


あたり前に過ごしている日々の中で
あんな風に感謝ができるって
凄いことだな〜。


本当に、ありがたいって気持ちが
見ている人にも伝わってくるような
丁寧なお辞儀でした。


考えてみれば
色んな人や
色んなものに
関わって、支えられなければ


人って生きていけないんですよね〜。


おばあちゃんのお辞儀に
何だか忘れていたものを
教えられたような気がしました。


○。。。○。。。○。。。○。。。○

『ひとりじゃ』


ひとりじゃ生きられないって

とてもステキなこと

だって必ず

誰かに出会えるって

ことなんだから


○。。。○。。。○。。。○。。。○




おばあちゃんにとっては
バスの運転手さんは
単なる運転手さんなのではなくて


自分を乗せてくれた恩人なんですね。


毎日のさりげない出会い・・・。


じっくじっくり
味わいたくなりました。


っあ!でも私
アサヒビールの運送トラックには
絶対、手を合わせてお礼言ってる!!(笑)
posted by dainoji at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。