2012年10月04日

ウマレル

今日いらしてくれたお客様は
1週間前に、お孫さんが誕生したばかりとか♪♪♪

次男の息子さんのお子さんで
女の子だそうです。


さぞかし、かわいくてかわいくて
仕方ないんでしょうね〜という話をしていたら


「それが、ガッツ石松にソックリで!
 ビックリして一度も抱っこしないまま
 帰って来ちゃったの〜!!!!」


とお客様。



しかも、4,000gもあったとかで
顔がガッツさんで
4,000gの大きさで・・・。


私も、思わず想像してしまいました(苦笑)。
お、女の子って言ってましたよね・・・。



その後、お嫁さんから
「今度は抱いてやってくださいね〜」


というメールも来てしまったそうです(笑)



お客様、今度会った時には
ぜひぜひ、抱っこしてあげてくださいね〜♪


ガッツさんも、よく見れば
ベビーフェイスっぽいですし〜♪



そんな話を聞いていたら
ドラマでの言葉を思い出しました。


今、NHKで放送でしている
『つるかめ助産院』というドラマ。


大好きな沖縄の離島が舞台だというので
初回から楽しみに観ています。


そこの助産院の壁に、貼ってあるのが。


『一産一会』という言葉。


一期一会ならず、一産一会か〜・・・。


小さな命の誕生には、
奇跡的な出会いがあるわけですよね〜。


赤ちゃんが、お母さんを選んで
この世の中に誕生してくるのだから。



私は、普通に産婦人科で出産しましたが
ドラマの中の助産院では


もっともっと、一人一人の妊婦さんが
『一産一会』という言葉を強く感じられるような
そんな出産をするんですね〜。


分娩室も、畳の部屋だし。


のんびりと流れる時間の中で
本当に自然に自然に
命が誕生していくんですね〜。


一産一会。



高級産婦人科だろうが、自宅だろうが
赤ちゃんの誕生から始まる出会いは

その赤ちゃんにとって
初めての出会いなのですね〜。


なんだか、とっても神秘的です。


だから、ガッツ石松に似てるってビックリしてないで
写真も撮りたくない!なんて言ってないで(笑)


早く、赤ちゃんとの出会いを
果たしてあげてくださいね〜♪お客様〜(笑)



○。。。○。。。○。。。○。。。○

『ウマレル』

生まれた時から
出会いは始まる

人は人と
生きていくことを

ちゃんと学んで
いくんだね

○。。。○。。。○。。。○。。。○



生まれたばかりの赤ちゃんは
その先の人生で
いったいどれだけの人に出会っていくのか
まだまだ想像もつかないけれど。

一産一会の後には

色んな一期一会が
待っているのでしょうね〜。


人との出会いは、
当たり前のようになってますが


赤ちゃんが初めて
お母さんに会った時の奇跡のように


きっと、日々の毎日で出会っている人たちも
ちゃんと意味があって、奇跡的に
出会ってくれている人たちなんだろうな〜・・・。


そんなことを、思いました。



それにしても、ガッツ石松似の4,000gの赤ちゃん♪
見てみたいな〜(笑)



posted by dainoji at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。