2012年10月12日

カナエタイ

私が、高校生の時だったと思います。

武道館に、大江千里さんのライブを
観に行ったんですね〜♪

当時は、トレンディドラマの主題歌になったり
かなり人気がありました。

『格好悪いふられ方』とか
よくテレビでも流れてましたよね〜。


その大江千里さんが、今朝のニュースで
取り上げられてたんです。


なんと!ジャズピアニストとして
全米デビューを果たした!とか。


大江さんは、アメリカの音大で
4年半もの修行をしたそうです。


シンガーソングライターとしては
もうやるべきことをやりきったって。


52歳の誕生日には、日本版も発売になって
まさに、第二の人生を歩いてますよね〜。


大江さんは、インタビューで
こう答えてました。

「自分の人生が本だとしたら
 いつでもページをめくり続けていたい。

 死ぬときに、本当にやりたいことを
 やり残したと後悔だけはしたくない。」


なんだか、じーんときちゃったんですね。


50歳近くなって、昔かなわなかった夢に
もう一度チャレンジし始めて・・・。


修行時代には、自分の力を思い知らされて
本当にしんどい時間がたくさんあったそうです。



20歳くらいの学生たちは
どんどんうまくなっていって・・・。


でも、高い跳び箱は跳べなくても
低い跳び箱をきれいに跳んで
自分なりの着地を決めたらいいと


大江さんは、めげずにがんばるんですね〜。




○。。。○。。。○。。。○

『カナエタイ』

夢は

叶えたいと思える人が

出会えるもの

○。。。○。。。○。。。○




夢は、あきらめないで

とか

夢を持つことが大事

とか


色んなことが言われていますが。


でもでも。


そもそも、夢をもつことができる人ってのは・・・。

夢を叶えることができる人、
そんな人だけに

夢は夢として、その人の前に
あわられてくれるんじゃないかな〜。


だから、夢がある人ってのは
すでに夢を叶えられる人として
選ばれた人なのかもな〜。


そう。

夢があることに
自信を持てばいい!



半世紀生きて
夢に向かうことを選んだ大江さんに


そんなことを
教わった気がします。


大江さんのジャズピアノのCD
聴いてみたいな〜♪




ラベル:大江千里
posted by dainoji at 10:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。