2012年10月29日

セナカ

昨日のテレビで
「熱烈中華食堂 日高屋』会長の
神田正さんを取り上げていました。

日高屋は、現在南関東地域を中心に
今年300店舗も達成する程
業績を伸ばしている会社です。


そして神田さんは、なんと71歳!
にも関わらず

駅前の店舗が多いからと
移動はすべて、電車を利用してるんですね〜。

運転手を雇ったら
コストもまたかかるからと・・。

神田さんは、中学卒業後に15歳で町工場に就職。
住み込みで働き始めたものの
2週間で逃げ出し、家に帰ってしまったんだそうです。

その後も、定職になかなかつけず
パチンコで生計を立てていた時期もあったとか。

そんな時でも、お母さんは
何も言わずにそっと見守ってくれたんだそうです。

「村で一番貧乏だった」

そう笑顔で話でくれた神田さんのお母さんは
本当に苦労人だったそうです。

あんなに苦労した人は
見たことがないと
神田さんは言います。


「どんな一流大学で教えてくれることよりも
 母親の背中が教えてくれたことが
 何よりも大きな財産」


私が、一番感動した
神田さんの言葉です。


そんなお母さんの背中を見てきたからこそ
その後神田さんは、友人の紹介がきっかけで
ラーメン業界に足を踏み込むことになり


結果、現在の大成功を
手に入れることになるわけです。


お母さんの苦労を見ていたからこそ
最後の最後まで
腐ることはなかった神田さん。



人間、苦労をした分だけ
それは大きな何かに
つながっていくものですね。




○。。。○。。。○。。。○。。。○

『セナカ』

親の背中に見えた
苦労の数だけ

子どもは大きな愛を
もらってる

○。。。○。。。○。。。○。。。○




うちも、決して裕福な家庭ではなったので
両親が苦労している姿は
たくさん見てきました。



でもだからこそ今、
それが原動力になっている部分も
あるのかもしれません。


苦労している姿って
子どもは自然に
ちゃんと見て育っているものですね。


今日来てくださったお客様も
一人で育ててくれたお母さんに
本当に感謝していると
お話してくださいました。

そして同時に、心から尊敬しているのだと。


お客様は、結婚式のプレゼントとして
ことばのギフトを選んで下さいました。
ありがとうございます。



苦労した人の背中って。


何だか、ステキですね。



考えてみれば、体の中で一番
自分自身では見えない所にあるから


嘘がつけない場所なのかもしれません。
人生がにじみ出る場所なのかもしれません。


何だか今日から
人の背中ばっかり、見ちゃいそうです(笑)


posted by dainoji at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。