2013年01月23日

小さな手

「おねしょはね、子どもの涙なんだよ。」


その言葉に、何だか胸が
ほんわかあったか〜くなりました。

現在放送中のテレビドラマ「とんび」。

重松清さんの原作で
奥さんを亡くした不器用な旦那さんが
周りの人達に助けられながらも
一人息子を育てていくという親子の物語です。


とにかく、初回から泣き通しなんですね〜。
セリフが素晴らしい!


人は本当に一人では生きていけないけど

生きていけないことが
何ともステキなことなのか。


だから、誰かに寄り添い寄り添われ
人生を歩んでいくんですね〜、人は・・・。

「おねしょは、子どもの涙」

このセリフは
保育園に通う息子がお母さんを思い出し
毎晩おねしょが止まらず悩んでいた時に

いつも世話をしてくれる飲み屋の女将さんが
言ってくれた一言なんです。


こういう人が、近くにいたら
育児で悩んでいる人もきっと
ふっと心が軽くなって、前を向けることでしょう。



今ご注文を頂いている、ことばのギフトの中にも
育児で悩むご友人に向けてのものがあります。


そして、私自身も
何もかもが初めての育児に
悩み苦しんだ時期がありました。


そんなに都合よく
ステキな言葉をかけてくれる
飲み屋の女将さんがいるとは思いませんが


たった一人でもいい
お友達でも近所の人でも親戚の人でも

誰も近くにいなかったら
電話でもメールでも手紙でもいい。


どうか、たった一人で悩まずに
心の奥にたまったものを
吐き出して欲しいです、ほんの少しでも・・・。


「話すことは、放つこと」

だと言いますから。




○。。。○。。。○。。。○。。。○

『小さな手』

ママの笑顔は
つながってるよ

たった一つの笑顔でも
小さなその手に
大きな愛が伝わるから

○。。。○。。。○。。。○。。。○



おねしょが子どもの涙だなんて

そんな言葉をそっとかけられたら
悩んでいた顔にも
ふっと笑顔が訪れそうです。


そんな笑顔に出会うためにも
「人」を信じてみても
いいかもしれませんね。


人は一人では
生きてはいけないのですから。

だから、ステキな出会いが
あるのですから。






posted by dainoji at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。