2013年01月29日

目線

目線の大切さ・・・。


運転中の交差点で
信号待ちをしていたんですね〜。


すると、犬の散歩をしている
女性がいました。


犬は、小さな柴犬で
とってもかわいらしい♪♪


仮にこの柴犬を、タロとしましょう。


急にタロは、
突然飼い主に反抗し始めたんです!


飼い主が、リードを引っ張って
連れて行こうとするのですが


タロ・・・。


何があったかはわかりませんけど
テコでも動かない!という感じで。


飼い主も、そうは行かないと
負けじと頑張っていたんです。


どうするんだろ?
タロ(勝手に呼んでる)もあれじゃ動かない感じだし



すると!


飼い主の女性が、膝をついたんですね。
冷たいアスファルトの上に。


そして、小さなタロと同じ目線になって
何かを語り始めたんです。


その瞬間!


タロは、動き出したんですね〜。


一体、飼い主の女性が
何をタロに語ったのか!????

「今日のご飯、豪華にするから」
とか

「向こうの道に、可愛い犬がいた」
とか

「犬小屋、リフォームするから」
とか・・・。

どんな魔法をかけたのかは
全くわかりませんが。

目の前の出来事に
イヤハヤ感心しちゃいました♪♪


それにしても。


小さい子と話すような場合には
よく目線を合わせて腰を落とすことは
ありますが

そうすることで
しっかりと目を見て話すことができて
相手の言っていることもわかるし
こちらの言いたいこともわかってもらえるし


目線を合わせるって
ホント大切だと思います。


でもでも


犬にも、効果があることなんですね〜。




○。。。○。。。○。。。○。。。○

『目線』

誰かとつながりたかったら

ココロの目線を 合わせてみよう

自分から 腰を落として

自分から 寄り添って

○。。。○。。。○。。。○。。。○


誰かと意見が合わなかったり
理解できない人がいる時って


ひょっとしたら
心の目線が合っていないのかも
しれませんね〜。


相手が子どもだったら
自分から腰を落として
目線を合わせる努力をするのに


相手が大人になった途端に
わかってもらえるはず、
どうしてわかってもらえない??


そんな風になってしまって
いるのかもしれません。


相手が大人であっても
心の目線を合わせてみるって
必要なことかもしれませんね〜。


犬だって、効果があったんですから
相手が人間の大人なのだとしたら
絶対にわかりあえそうです。

ただ、勇気を出して
自分から心の目線を合わせられるかどうか?


それだけ


それだけでいい、気がします。


それにしてもタロは

一体あの時
何て言われたんだろうな〜・・・。
posted by dainoji at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。