2013年02月19日

曇り空は

何だか今日は
朝から

どよ〜んとした
お天気ですね。


こんな曇り空を見ると
必ず思い出すことがあります。

以前も、ブログに書いたことがありますが。


一人息子君が4歳くらいの時だったですね〜。

思春期のしの字も知らない
か〜わいらし〜い頃ですね〜。


洗濯物を干しながら
私が言ったんです。


「これじゃ、洗濯物も乾かないし
 嫌だな〜」


きっと、ため息混じりに
言ったんでしょうね。

ちょうどその時
結構心がいっぱいいっぱいだったんですね。



すると、一人息子君が一言。


「でもちゃ〜ママ。
 カルピスみたいな色でウキウキするよ♪」


一瞬にして私は
全身から力がドーっと抜けました。


そっか〜。
言われてみれば、確かに
曇り空がカルピスの色に
似てるんですよね。


子どもは凄いな。


あの時の衝撃は
今でも覚えています。


あれから10年。



思えば、自分が子どもを育てているような気でいても
いつも、カルピスの色みたいに
教えてもらってることばかりだったよな〜。



○。。。○。。。○。。。○

『かがみ』

世の中は

ココロの鏡で

出来ている


○。。。○。。。○。。。○




おんなじ曇り空でも

あの時の私の目には

今にも雨が降り出しそうな
不吉な空にしか映らなかったけど


一人息子君の目には
おいしそうなカルピスに映ったんだよね〜。


見えてるものってのは
実際どんなものかなんて
ホントは関係ないんだね、きっと。

ココロが
ぴかぴかキレイだったら


曇り空でもカルピスに。
どしゃぶりの雨も、気持ちの良いシャワーに。
雷も、陽気なドラムに(ちょっと無理あるね)。

思えたりして。


どんなものに見えるのかは
その時の自分の心が
決めるのかもね〜。



ちなみに今日の曇り空は
超分厚い羽毛布団。


私はそう見えます。

眠いからかな(苦笑)


posted by dainoji at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。