2013年02月20日

お帰りの後

甥っ子の授業参観に
行って来ました。


小学校2年生の授業で
今日は、学級発表会が
行われてたんです〜。


相変わらず、私を見つけるなり
ずっとニコニコと手を振る甥っ子に
私も負けじと手を振り続けて♪♪

もう私、絶対
おじいちゃんとか
おばあちゃんとかの顔してましたね〜(笑)



発表の中には、朗読劇が
ありました。


「かさこじぞう」。


昔から読みつがれている
名作ですね。


大晦日の夜、食べるものが何もないから
カサを作って町に売りに行くおじいさん。

でも1つも売れずに
帰りがけに出会ったお地蔵さんに
カサを全部かぶせてあげて。

1つ足りないからと
自分の手ぬぐいまでかぶせてあげる。


おばあさんをガッカリさせてしまうだろうと
思いながら家に帰ったおじいさんに

「とっても良いことをしましたね」

そう、笑顔で話すおばあさん。


するとその夜、お地蔵さんが
米やら野菜を届けてくれるという
恩返しの物語です。


何だか改めて

いい話だよね〜。


そう、じーんときちゃいました。


何がいいって、
全く売れずにカサや手ぬぐいまで
おいてきてしまったおじいさんを

良いことをしたと
笑顔で迎えるおばあさんの器のデカさ!!


これは、見習いたいものだと
思いましたね〜。


○。。。○。。。○。。。○


『お帰りの後』

お帰りなさいの

その後に

言葉でココロを

あたためよう

○。。。○。。。○。。。○




おじいさんは、
雪が降る寒い中家路についた途端に
おばあさんに褒めてもらいました。


確かに、おじいさんのしたことは
とても素晴らしいことだったけど。

もし、おじいさんが
カサが売れずにそのまま持ち帰ったとしても
おばあさんは、最高の
ナイスアドバイス!を
していたに違いありません。


学校も仕事も
家を出たら、みんな何やかんやと
戦ってくるわけで。


だから、家に帰ってきたこと自体
それだけでも
本当は頑張ったことに違いなく。


どんな状況だったとしても

「お帰りなさい」のその後に

何か、心があったかくなるような言葉を
一言でいいからかけてあげたいな〜。

小学校での「かさこじぞう」から
そんなことを思いました。


よ〜し、今日は
何かあったかい言葉。

うんうん、無理やり
褒め言葉攻撃だ〜!!


「お帰り〜。
 おっ!今日はいつもより
 制服上手に着こなしてるじゃん♪」


とか・・・(笑)。
 
 

うーーーーん。
リアクション薄いだろうけどね(苦笑)
ラベル:かさこじぞう
posted by dainoji at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。