2013年03月22日

サガシテミル




自分にできること探し。


この間、一人息子君のサッカー部で
3年生を送る会が開かれたんですね〜。


うちは、2年生なので
2年生の保護者が中心になって
豚汁作ったり会場セッティングしたり
したんですね〜。


たまには、ちょっとは貢献しないとね(苦笑)


3年生の学年は、サッカー初心者の子も多かったらしく
あんまり試合で勝つことが出来なかったんです。


ひとり一人3年生が挨拶してくれた時も
そのことを語ってくれていました。


中でも一人の子のコメントが
とっても印象的でした。


「僕は、サッカーが一番下手でした。
 だから皆に迷惑をかけることも多かった。
 でも、自分で出来ることを探して
 誰よりも声を出して行こうと思っていたんです。」


背もあんまり大きくなくて、
とっても優しそうなその3年生は
まっすぐ前を見ながら話してくれました。


そういえば
後輩達から送られる色紙にも、
「どんなに辛い試合の時でも、あきらめずに
 一番声を出してくれていました。」

そんなコメントが
その3年生の子に向けてたくさん書いてありました。


頑張ってる思いってのは
ちゃんと後輩達に伝わっているんだな〜。


いいもんだな〜。



15歳の少年が
自分に出来ることを探して
あきらめずに何かに打ち込む姿。


みんな、目をウルウルさせていましたね〜。



他の3年生たちも、試合には勝てなかったけど
一生懸命やってきたから悔いはないと
力強い言葉を残してくれました。


スポーツって。


試合の勝ち負け以外に
本当に学ぶことが多い。


日々の練習の中で
どれだけのことを学ばせてもらっているんだろう。


そう思ったら
本当に本当にありがたい気持ちで
いっぱいになりました。


○。。。○。。。○。。。○。。。○

『サガシテミル』

幸せ探しは
出来ること探し

小さくてもいい
続けることが

君の明日を
つくるから

グラウンド.jpg

○。。○。。。○。。。○。。。○




例え試合に出られなくても
例えレギュラーになれなくても


自分に出来ることを探して
それを続けていくこと。


すると。

必ずどこかで見てくれている人がいて
そのことが何かを動かしたり
人に何かを与えることになったり


そんなもの凄いチカラに
なっていくんだと思います。


先輩達が、自ら実行して
それを教えてくれたのだから。

残された一人息子君たちは
頑張らないといけないな〜!!

何よりも大きなプレゼントを
もらったんだからね〜。
posted by dainoji at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

学校



今日は、市内の小学校が
卒業式だったんですね〜。


真新しい中学校の制服を着た
卒業生たち。

胸にはお花がつけられて。

そして、隣には
お父さん・お母さんたち。


みんな、どんな思いを胸に
今日の卒業式を
迎えたのでしょうね〜。


ちなみに。


一人息子君の時は
号泣してました(苦笑)。



なかには今月、
卒業式と卒園式を同時に迎えるという
ドラマチックな友達がいて。


きっと3月は
色んな涙を
流したんだろうな〜。


○。。。○。。。○。。。○。。。○


   『学校』

   思い出は

   チカラになる


教室.jpg


○。。。○。。。○。。。○。。。○




泣いたり笑ったり

ケンカしたり仲直りしたり・・・。



学校という所は
色んなことを教えてくれる場所です。


きっと色んな思い出が、

それは
良い思い出も
ちょっぴり悪い思い出だったとしても


これからを生きる子どもたちにとって
一つ残らず
大きな力になっていることでしょう。


たくさんの思い出を武器に
新しい一歩を
踏み出して下さい。


今年卒園・卒業する
全ての皆様。


本当におめでとうございます!
タグ:卒業式
posted by dainoji at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

いいワタシ



青空の下、公園で
思いっきり走り回る子供達。


小学校高学年くらいの男の子が5人と
その中に、なぜか3歳くらいの男の子が混じっていて・・・。


男の子は、お兄ちゃんたちに
必死についていこうとしてるんですね!


気づけば、置いてかれてるし
気づけば、一人残されてるし・・・。


でもでも、男の子。

全くめげずに
自分も一員だと思い込んで
何食わぬ顔でずっと一緒にいるんです。


自分がみんなより小さいなんてこと
何にも気にしてないで


自分が置いてかれてるなんてこと
気がつきもしないで


満面の笑みで
ついて回る男の子を見ていたら。



100%自分のまんまで
自分らしくいるって


こんなにもイキイキ
できることなんだな〜って。


人は生まれた時には
ありのまんまで
自分のまんまで
いたはずなのに


段々大人になるにつれて
周りの目を気にしたり
世間体に翻弄されたりしてしまう。


でもでも、今目の前で
たった一人でお兄ちゃん達と
自分らしく遊んでいる男の子の姿。

これが、本当の
姿だよね〜。



そんな風に思いました。


○。。。○。。。○。。。○。。。○

『いいワタシ』

いい人に なるよりも
いい私に なればいい

自分らしさが
いっぱいつまった
いい わたし

マンゴー.JPG



○。。。○。。。○。。。○。。。○。。。○




自分らしさって
なかなか貫くことは
難しいことかもしれないけれど



あんな男の子みたいに
キラキラ輝くことが出来るなら


自分らしさをいっぱいつめて
春を迎えてみるのも
いいかもしれないな〜♪




タグ:
posted by dainoji at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。