2013年05月23日

タチドマル〜伊豆取材旅@〜



旅をするなら、ピカピカお日様と
一緒がいいけれど・・・。


雨が似合う場所っていうのも
あったりするもんです。


実はちょっと、伊豆に取材旅行に
行っておりました。



その中に、雨が似合う場所が
あるんですね。


今日はそれを紹介します。


中伊豆にある、修善寺温泉。


人気の伊豆エリアにあっても
中伊豆は独特の雰囲気を持つ温泉地。

その中でも隠れ家的な場所が
修善寺温泉なんですね。


修善寺温泉は、今から1,200年前に
弘法大師が発見した温泉です。


東伊豆の熱海とか伊東などにはない
落ち着いた雰囲気がいいんですよね〜。



何だろう・・・。


熱海や伊豆がチャーシューメンだとしたら
修善寺や天城の中伊豆ってもやしそば!?


地味だけど、確実にファンがいる。


うーーーん。微妙な例え(笑)!


温泉街をゆったりと流れる桂川。
DSC_0022.JPG


その川沿いには、雰囲気のある宿がひっそりと佇んで。


ただただ川を眺めているだけでも
時間がどんどんゆるやかになっていくのを
感じます。


温泉街の中心には
『とっこの湯』という足湯があって
川を間近に感じながら
お湯につかることが出来るんですね〜。
DSC_0017.JPG


昔は、とっこの湯だけだったのですが
私がしばらく訪れていない間に
河原湯という足湯も出来てました♪
DSC_0020.JPG



そして、修善寺の中でも
私が一番好きな場所がこちら!

『竹林の小径』。
桂川に沿う遊歩道に
見事な竹が立ち並んでいるんですね〜。


この竹林の小径は
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで
2つ星を獲得したそうです。


苧ムの小径.jpg

この竹林があるから
修善寺は雨の似合う場所って
言われるんじゃないかなと思います。

取材日は、お天気が良かったですが
雨が降って竹がしっとりと濡れた感じも
またいいんです〜。


青々とした竹の香りと
青竹の力強さに優しく圧倒されて


歩いていくうちに
どんどん別の世界へと
引き込まれていく感じなんですね。


私が、似合うのか似合わないのか
ちょっと微妙なゆかた姿で

カランコロンと下駄をならして進み
濃い緑色の空気に包まれていた時。


ふいに、上を見たんです。


すると・・・。

たけ.jpg

たくさんの青々とした竹が
やわらかい雲のように
空から包みこんでくれているようで


何ともいえない気持ちになったんですね。


立ち止まった瞬間に出会った景色。


このまま止まっていたらいいよ。

別に、前へ進まなくてもいいって
そんな風に言われている様な気さえ
してきます。


○。。。○。。。○。。。○。。。○

『タチドマル』

進まなければ
見えないモノもあるけれど

立ち止まらなければ
出会えないモノもあるんだよ


○。。。○。。。○。。。○。。。○




ふと立ち止まったから出会えた
『竹の雲』。


下駄を鳴らしながら
進みながら出会えた景色も
もちろん素晴らしかったけど。


竹の雲は
もっともっとステキだったな〜。




『立ち止まる』。


人生には、そんな時も
必要なのかもしれません。


それが例え
何かにぶつかったり
何かに失敗してしまったりして
進めなくなったからだとしても。



それはきっと、大切な何かに
出会えることなんだと。
出会うためのことなんだと。


そんな風に教えられた気がします。


人間、昨日より今日。今日より明日。

そんな風に進んでいないと
進化していないと


心配になることが
あるかもしれないけれど。



でも。



立ち止まることは


進まないことは



案外、見えなかったものを
見せてくれる
素晴らしい時間なのかも
しれないな〜。



大好きな修善寺の竹林に
そんなことを思いました。



明日は、私の大好きな
修善寺の宿のことを書きたいと思います。

posted by dainoji at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

ユウキの数


同じ県に住んでいても
全く土地勘のない町ってのが

まだまだあるんですよね〜。


GWに、そんな馴染みのない町へ
ナビを使ってはいけない旅に出ました。


一人息子君のサッカーの試合を
こっそり観戦に行ったのです(笑)


場所は、稲敷市。

アウトレットモールのある
阿見の近くにあって。


試合が稲敷で行われると知った時に
先日お店のお客様から聞いた話を
突然思い出したんですね!


「あみのアウトレットまでなら
 小貝川沿いに行けば、勝手に着きますよ♪」

「しかも、途中の河川敷きがステキなんです。
 アフリカみたいですよ〜♪」


何!!!!!!!???????


そんな所が、近くにあったなんて!!


そう。


その話を聞いてから
機会があったら、是非是非行きたいと思っていた
アフリカドライブ!!


だから、これはチャーンスに違いないと
張り切って出かけることにしたんです。


しかもどうせだったら
ナビに頼らずに行くかって。


だってさ〜。


アフリカだよ!?

そんな文明の利器に
頼っちゃダメでしょ〜。


ってことで。


出発前に、一度地図を見ただけで
あとは、絶対にナビを使ってはいけないという
ルールを決めました。




かくして、私の
勘を頼りにアフリカドライブが
スタートしたんですね〜。


小貝川を頼りに、川沿いを走れる道を探し

そして、川を横目に
のんびりドライブ。


もう、最高でしたね〜。

ゆったりと流れる小貝川。

その川を包みこむように
木々たちが青々と生えて・・・。

ああ、これがお客様が言ってた
アフリカのミニナイル川ってやつかな〜。


決して川そのものは、広くはないけれど
何だか妙に雄大で壮大な気分になってくるから
不思議なんですよね〜。


そして。



川沿いを走っているからか、
いつしか時間が
川時間になって流れているような
気がしてきたんですね〜。




川沿いの細い道だから
ほとんど人は通っておらず


もちろん、信号も何もないから


ホント、どこか異国の地を
旅してるみたいになってくるんです〜。



でもでも。


さすがに、その道が
あみアウトレットの駐車場まで
親切に、直行しているわけもなく・・・。


ま、迷ってるよね今(苦笑)。


の連続になるのでした===!



でも、ナビを使ってはいけないルールがあるので
(こんな時だけ、結構マジメ・・・)
標識や車や人の流れを頼りに


迷いに迷って


何とか、目的地の稲敷市まで
たどり着くことができたんです!


しか〜し!


のん気なことをやっていたせいで、
2時間も前に家を出たのに
(予定では、1時間もあれば着くはずだった(泣))


もう、試合開始時間になってる!!


しまった======!


と、遂にここで最後に
ナビを使うはめになってしまったのでした。
(市内に入ってから、最後の10分だけね!)



でもでも。


勘を頼りに行く小さな旅。


メチャクチャ楽しかったな〜♪



○。。。○。。。○。。。○。。。○


『ユウキの数』

道はある

一歩踏み出す

勇気の数だけ

道がある


○。。。○。。。○。。。○。。。○




迷いながら進んで行く途中、
何度もUターンしたり

何度も普通のご家庭にしか行けない
私道に侵入しちゃったり

行ったり来たり
あたふたあたふた


それはそれは大変だったけど・・・。


あきらめずに進んでいくと
必ず!

道はあるんですよね。


小さくて細くて
通るのがやっとの道も

大きな道へと
つながっていたり。


ここって、絶対行き止まりじゃない!?(泣)
って道も、思い切って進んでみたら

実は抜け道だったり!

あっ、ホントに行き止まりの時もあったけどね(苦笑)



人生みたいだな〜。


な〜んて考えながら
進んでました。


人生もきっと。


一歩ふみ出そうとする気持ちさえあれば
前に進み続けようとする勇気さえあれば


必ず、道は用意されていて

必ず、その道に出会えるに違いない。



でもその道は、
勇気を出して、
一歩ふみ出した人しか


出会えない道でもあるんだね、きっと。



ナビを使ってはいけない旅。


おすすめです!










posted by dainoji at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。