2014年01月11日

五円玉催眠術



「ママ、五円玉ちょうだい〜」



小学校3年生になる甥っ子が
1年生の弟のために
突如発した言葉。


ママである私の妹が
何に使うのか聞いたところ・・・。



五円玉で催眠術をかけて
弟を眠らせるのだと言ったそうで。



実は熱があって
苦しくて眠れない弟を
ずっと見てたんですね〜。


それで考え付いたのが
五円玉催眠術!


あんなうさんくさいもん
今時、漫画でも
なかなかお目にかかることが
少なくなってきましたが(苦笑)



それでも甥っ子は
五円玉にタコ糸を通し
熱で苦しむ弟にチャレンジしたんだそうです。



すると・・・。




苦しいのに
目の前で変なことをされ
余計に具合の悪くなった弟は


ぼこぼこと
兄を殴り。



そして
泣かせてしまったのです(笑)




その話を聞いて
私は大爆笑でしたが



良かれと思って頑張ったのに
殴られた兄は


何とも災難でしたね〜(笑)


もともと、兄より弟の方が
体力も力もある兄弟で



さすがに熱があれば
弱っているかと思いきや


やっぱり、弟強し!


やっぱり、兄弱し!




甥っ子兄弟。


弟の方は
昔から器用で
かなり要領もいい。


でもでも兄の方は。




要領が悪くて
何となく不器用で


いつもママに怒られているんですが。



私は、この不器用な甥っ子に
実はあこがれてるんですね〜。



人の目を気にするとか
要領よく生きるとか


そういうことに無関心で
自由奔放で
ありのままに生きていて。



いつも怒っている妹にとっては
一人目の子供だし
日々の育児の中だから
なかなか客観的には見られないだろうけど



私の目から見たら
何だか将来


でっかいことを
しそうだな〜って
いつも見て笑ってます。




●。。。●。。。●。。。●

不器用に生きてみる

うまくなくても
キレイじゃなくても

器用に時間を歩くより
一生懸命歩こうよ

出会える人が
変わるから

出会った自分が
変わるから

●。。。●。。。●。。。●


ココロのデザートの本にある
ことばから
書いてみました。



お金のことや地位のことを
一番に事業をしていた人が


事業に失敗してから
あらためて自分らしい生き方を
するようになった時


周りに集まってくる人や
出会える人や事柄が

以前とは全く違ってきたという
話を聞いたことがあります。



他人と比べて自分がどうとか
何かと比べて明日がどうとか


そんなことを考えるより


ただただ


自分の思いに正直に


たとえ不器用な生き方になったとしても


そう自分らしく生きていきたいと
思います。



甥っ子に会うと


「自分らしく、ゆっくりじっくり」



そんなことばが浮かんでくる。




私も、五円玉催眠術
一人息子君にでもかけてみるか!



うん。きっと無視だろうけどね〜(苦笑)




そうそう!明日は
月に一度のイベント、さくら坂メルカート♪


寒い日が続いていますが
良かったら、ぜひぜひ遊びに
きてみてください〜♪♪



さくら坂メルカート
1月12日(日)10時〜15時
詳細はさくら坂メルカートブログ
http://ameblo.jp/sakurazakamercato/








posted by dainoji at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

ぐるぐる巻きコート



いろんな形の
いろんな愛・・・。




車通勤している私にとって
毎朝の道中の景色は
楽しみの一つなんですね〜。



それにしても
今日は寒い!


朝からみんな
ぶるぶるしながら
歩いていました。


道中の景色の中で
いつも同じ場所で
幼稚園のバスを待つ
親子がいるんです。


でも今日は
ママではなく、おじいちゃんらしき人が
一緒にバスを待っていました。



その姿が
朝からたまらんかったんですね〜。



大人もののコートに
ぐるぐる巻きにされた幼稚園児。



そのすぐ横には
ぶるっぶるにふるえる
おじいちゃん。



そう。



おじいちゃんは
かわいい孫のために
自分のコートを脱いで
寒さから必死で守っているんですね〜。




おじいちゃーーーん!!




おじいちゃんの愛に感激しながらも
肝心の幼稚園児を見ると


何だかちょっと
嫌がってる(笑)


ぐるぐる巻きにされて
身動き取れないし
苦しそう(笑)



その二人の姿が
たまらなかったんです。



外はとんでもなく寒いけど
心がほっこりほっこり
してきました。



私も子供の頃は
それはそれはおばあちゃん子で。



おばあちゃんも、そんな私には
とっても甘いんですね〜。


保育園のバス停まで
おばあちゃんが送っていくと


行くのを嫌がる私を見て
おばあちゃんは、一緒に帰ってきちゃって。



私も、おばあちゃんだと
甘えちゃうんですよね。


相手が母親の時は
嫌々ながらも無理してバスに乗るくせに(笑)


おばあちゃんって
特別なんですよね。




そういえば少し前のテレビで
お姉双子タレントの
広海深海さんのことが取り上げられていました。



テレビでは明るい二人ですが
幼いころに両親が蒸発して
おばあちゃんに育てられたそうです。


それはそれは、ものすごい極貧生活で
やっとの思いでおばあちゃんは
二人のことを育ててくれたと。


そして、そんな二人のことを
一生懸命思ってくれた
国語の先生の話も出てきました。


ご飯を食べさせてくれたり
勉強を教えてくれたり・・・。


いつも二人のことを
心配してきにかけてくれたんだそうです。


そんなVTRを見て
アグネスチャンさんが
こんなことを言いました。



「子どもを産んだ人だけが親じゃない。
 育ててくれた人みんなが、親なんだよ。」




もう、ダーーーーーーって
号泣でした。

大好きなビールを飲みながら
もの凄い顔になっていたね〜。



それくらい、心に刺さった
言葉でした。



思えば私も
大学進学と同時に
一人暮らしをはじめ


それから今まで
本当にいろんな人たちの
お世話になってきたな〜。



人にはみんなきっと
産みの親だけではなく

「人生の親」っていう人たちが
いるんだな〜。


そうやって、必ず誰かと
つながるように
してくれているんだね〜、神様が・・・。




●。。。●。。。●。。。●

育ててくれた人の数だけ

人生には親がいる

●。。。●。。。●。。。●




幼稚園バスのお迎え。

おじいちゃん、また
はりきっちゃうんだろうな〜。


でも、とっても素敵だったよ
おじいちゃん♪

posted by dainoji at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

たまたまは、きっとない。






「明日、引っ越すことになったんです!」


そう言って今日
わざわざお店に挨拶をしに
来てくれたお客様がいました。


ココロのデザートの本や
私の作品がとっても好きだと言ってくれて


いくつもことばのギフトを
オーダーして下さった方です。


小さなお子さんを育てながら
頑張ってらっしゃってる方で
笑顔がいつも素敵でした。


慣れない場所に行って
最初の頃は大変なことも
あるかもしれません。



でもでも、あの笑顔があれば
どんなことでもきっと
大丈夫!そう思います。



ホームページを見て。

ココロのデザートの本を見て。

友達に聞いて。

たまたまお店の前を通って・・・。



お客様との出会いは
本当に様々ですが


偶然であるようで
実は必然的な出会いであると
いつも感じてしまいます。


お客様は、私の作品に
喜んで下さいます。


でも私はいつも
制作の過程で


お客様方から
たくさんのものをもらっています。


誰かが誰かを思う
強さや優しさや

人が何かに向かって
一生懸命やりぬくチカラの大きさや・・・。


本当にたくさんのことを
教えてもらっているんですね〜。



だから、お客様
おひとりお一人との出会いは
本当に大切にしたいと思います。


今日こうして
引っ越しの挨拶に来て下さった
お客様のうるんだ目を見て


改めて、出会いに感謝したいと
そう思いました。







●。。。●。。。●。。。●

人に会うから
笑顔になれる

人に会うから
大きくなれる

●。。。●。。。●。。。●




今年一年。


また素敵な出会いが
たくさんありますように・・・。


ありがとうございます。






タグ:引っ越し
posted by dainoji at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。