2014年04月24日

笑顔には種がある

強くて


そして優しい


東北の人たち。



今回の取材では
気仙沼も訪れました。


気仙沼も港の繁華街は
大きな被害を受けた場所です。


そこに現在は
『復興屋台村』という名の
プレハブの屋台村が出来ています。


その中の一つ。

大漁丸さんというお店で
海鮮丼を頂きました。
http://tairyo-maru.com/

何よりも、女将さんが
めっちゃ明るくてパワフル。


「ゆっくりしてって下さいね〜」


そう大きな笑顔で迎えてくれた後も
ずっと笑顔を絶やさず
笑わせられっぱなしで。


でも女将さんも
震災では大変な思いをしてきていて。

ご主人も津波に流されて
奇跡的に助かったこと。

色んなことを
話してくれて。


女将さんはよく
震災の語りべを頼まれるのだそうです。


自分が語ることで
何か復興に役立つならと

女将さんは、たくさんの人に
自分の言葉で
語ってくれています。


でも最後は必ず
大きな笑顔になるんです。


必ず、笑顔で終わる。


そこには、おっきな
愛があるんですね〜。




その日は、気仙沼からフェリーで20分の所にある
大島に宿泊することになっていました。


偶然にも女将さんのご実家が
大島にあるとのことで


たまたまお店に来ていた
女将さんの甥っ子さんが
大島を案内してくれることになって。


しかも、ご実家では
ビールまでごちそうになってしまいました、
すみません!!

(もう、まったく呑兵衛は断ることを知らない・・・。)



大島も、港の繁華街だったところは
多くが流されてしまっていました。



そして、いまだに仮設住宅で暮らしている人と
新しく家を建てて暮らしている人がいて


「お金があれば建てられるけど
 そうでなかったら仮設に住むしかない」


そう言っていた島の人の言葉が
忘れられません。




震災から3年が経ち


少しずつマスコミで取り上げられることも
減ってきて


でもでも。


今回自分の目で
被災地を見て

まだまだ復興は
始まったばかりだということを
痛感しました。




石巻出身のお客様が
こういっていました。


「東北の人は
 利他主義なんだよね。

 自分のことより
 人のために何かをすることを
 自分の一番の喜びにしている。」


まさに今回私が出会った
東北の人たちは


自分たちのしんどさを
微塵も見せずに


精一杯の笑顔と愛で
優しく迎えてくれました。


ありがとうございます。


●。。。●。。。●。。。●

たった一つの
笑顔の花が

出会いを未来に
変えてゆく

人は人に会うために
笑顔の種を

手にして生まれて
きたんだね

●。。。●。。。●。。。●




東北の人たちに出会って
感じたことばです。


「また来ますね!」
「また来てね!」


そう言ってお別れしました。


これから先、私は定期的に
東北に足を運ぼうと思っています。



私もすべての出会いに感謝して

笑顔の種から

笑顔の花をたくさん咲かせていきたいです。

出会ったすべての人に・・・。

posted by dainoji at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。