2013年01月26日

5メートル

たった5メートルでも
大きく変わることができる・・・。


熱気球のお話です。


お客様で、熱気球が大好きな方が
語ってくれたんですね〜。


熱気球は、風に乗っていくから
舵をとるものがない。


ただ、風の流れに身を任せ
風の流れのままに空を飛ぶ・・・。


じゃあ、方向転換したい時には
どうするんですか?


そんな私の質問に


「風なんてね、5メートル上に上がれば
 もう向きが変わってるんだよ。
 また5メートル下に下がれば
 また向きが変わってるんだよ。
 
 だから、その風を読んで
 上下に移動すればいいだけ。」


そう、当たり前のように
答えてくれました。


ふだん風を受けている時に
そんな、ほんのちょっとの高さの差で
風向きが違うなんて
思ったこともなかったな〜・・・。


と、そんなことを考えているうちに
こんなココロのデザートが浮かびました。



○。。。○。。。○。。。○

『5メートル』

悩んだら
風に乗って 風になれ

何かの答えに
出会えるかもしれない

今よりもっと
笑えるかもしれない

たった5メートルでいい
風に乗って 風になれ

○。。。○。。。○。。。○。。。○




悩んでる時って
堂々巡りになっちゃったり

どんどんマイナス思考になったり
しちゃう時もありますよね。


だけど熱気球が方向転換するように
たった5メートル上に行くだけで
風の向きが変わっていることだってある。


その場にいたら
わからないし
答えが出ないことかもしれないけれど


5メートル進んだら
ビックリするような答えに
出会えるかもしれない。


でも、その5メートルは
悩んだままの5メートルではなくて


からっぽの自分になって
進む5メートル。


そう、風に乗って
風になって進むような5メートルでないと
出会えないものだったりするんですよね、きっと。


だから、たった5メートルでいいから
前に進むことを
やめないでいられたらいいよね。





タグ:熱気球
posted by dainoji at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。