2013年02月28日

自分とジブン

ひとり時間・・・。



昨日いらしてくれたお客様は
山登りがご趣味なんですね〜。


今まで色んな山に
登っているんですが


行く時は、大体
一人なのだそうです。


山小屋で出会い
お互いに話が出来るようになるのも

一人旅ならではの醍醐味だと
最高の笑顔で語ってくれました。


確かに、一人同士だからこそ
距離が縮まる瞬間って
ありますよね。


私も、一人旅が
大好きです♪


一番最初に出かけた一人旅は

箱根の仙石原にある
温泉宿でした。


だいぶ若かったころだから
今からかな〜り前ですね(苦笑)。


今でこそ女性の一人旅は
特集なども組まれていますが


当時は、まだまだ
理解のある宿が少なかったものです。


お部屋の空きを確認するのに電話すると
空いているって言ってたのに
女性一人を告げると、急に満室になったり。


なかなか一人で宿泊するのが
困難だった頃ですね〜。


でもその中でも、何とか
女性の一人宿泊を受け入れてくれた宿。


今でも忘れることはできないですね〜。


あの時は、ちょうど
エベレストのような大きな壁に
ぶつかっていた頃で。


どうしても一人で
旅に出たくなったんです。


そんな私のオーラはきっと
ものすごいものだったのでしょう。


チェックインからアウトまでずっと
担当だった仲居さんが
メチャクチャ気遣ってくれたんですね〜。


聞いてもいないのに
仲居さんの壮絶な苦労話を
忙しい中聞かせてくれたり


気づけば私も
自分の心の内を
思いっきり語っていたりして・・・。



ビールの大瓶を
手酌しながら
ワンワンと泣いていたような
思い出があります。



その旅で
何かが解決したわけでは
全くなかったのですが


とっても軽くなった心を感じて
翌日宿をあとにしたような記憶があります。



一人になる時間って。


大切なものですよね。



宮古島 056.jpg


○。。。○。。。○。。。○。。。○


『自分とジブン』

ひとり時間は

自分と自分の

語り時間


○。。。○。。。○。。。○。。。○







誰かの目を気にしたり
他の人の意見に翻弄されたり・・・。


一人っきりになると
そんなことをしなくてもいい
自由な時間を持つことが出来る。


まあ、一人になっても
色んな人の意見を
思い出してしまうことはあるけれど。



そんな、そこに居もしない人の意見に
延々と左右されるのか。

それとも、自分自身と
しっかり向き合うのか。


一人きりになると
それを自分で選ぶことが出来る。



強がりな自分と、弱虫な自分。
頑張り屋の自分と、あきらめてしまう自分。
前向きな自分と、後ろ向きな自分・・・。



どうせだったら、
他の誰かの思いと向き合うよりも


とことん、自分の中の色んな自分と
向きあえばいい。



そんな風に思います。




一人時間。


案外大事な時間かも
しれませんね。


タグ:箱根 温泉
posted by dainoji at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。