2013年03月16日

いいワタシ



青空の下、公園で
思いっきり走り回る子供達。


小学校高学年くらいの男の子が5人と
その中に、なぜか3歳くらいの男の子が混じっていて・・・。


男の子は、お兄ちゃんたちに
必死についていこうとしてるんですね!


気づけば、置いてかれてるし
気づけば、一人残されてるし・・・。


でもでも、男の子。

全くめげずに
自分も一員だと思い込んで
何食わぬ顔でずっと一緒にいるんです。


自分がみんなより小さいなんてこと
何にも気にしてないで


自分が置いてかれてるなんてこと
気がつきもしないで


満面の笑みで
ついて回る男の子を見ていたら。



100%自分のまんまで
自分らしくいるって


こんなにもイキイキ
できることなんだな〜って。


人は生まれた時には
ありのまんまで
自分のまんまで
いたはずなのに


段々大人になるにつれて
周りの目を気にしたり
世間体に翻弄されたりしてしまう。


でもでも、今目の前で
たった一人でお兄ちゃん達と
自分らしく遊んでいる男の子の姿。

これが、本当の
姿だよね〜。



そんな風に思いました。


○。。。○。。。○。。。○。。。○

『いいワタシ』

いい人に なるよりも
いい私に なればいい

自分らしさが
いっぱいつまった
いい わたし

マンゴー.JPG



○。。。○。。。○。。。○。。。○。。。○




自分らしさって
なかなか貫くことは
難しいことかもしれないけれど



あんな男の子みたいに
キラキラ輝くことが出来るなら


自分らしさをいっぱいつめて
春を迎えてみるのも
いいかもしれないな〜♪




タグ:
posted by dainoji at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。