2013年07月09日

ナカマ

何だかもう・・・。


季節が変わってしまったくらい
ご無沙汰なブログです(苦笑)


忙しいことを理由にして
こんなに時を流してしまうのは
やっぱりいかんです!!


こりずに皆さま
お時間がありましたら
どうぞおつきあい下さいませ。



6月の中旬に(古っ!)
一人息子くん達のサッカーは
ピリオドを迎えてしいました。


最後の総体で
負けてしまったんですね。


それを機に
中学3年生である息子達は
部活引退になってしまうんです。


みんな、号泣してました。


もちろん、子ども以上に張り切って
応援に行っていた母達も
泣いていました。


ただね、勝つこと以上に
教えられたこともあったんです。



実は今回の最後の大会直前に
FWの子が、左腕を骨折しちゃったんです。


練習中にチームメイトとぶつかってしまって。


ぶつかってしまった友達は
本当に落ち込んでしまってました。


でも、プレイ中のことだから
気にしないで!


そう怪我した子に言葉をかけられて・・・。


さらに、大会前日には
グラウンドでみんなで輪になって
遅くまで語っていたそうです。


その中では

「絶対に○○(怪我した子)を
 次に連れて行くぞ!!」


そうみんなで一致団結したそうです。
それを見ていた別の部活の先生が
感動して泣いていたとか・・・。


何だか、青春ですよね!


それでも、それでも。
結局、次には行くことは出来なかった。

もう、敗退が決定してしまった後の試合。
本当に最後の試合で


テーピングを巻いたまま
怪我をした子が出てきたんです。


そして、なんと2点もゴールして!


さらに、怪我をさせてしまった子も
ゴールを決めることが出来て!!


怪我をさせてしまった子のお母さんは
その瞬間号泣してました。


なぜなら、怪我をさせてしまったことを
息子と共に一緒に悩んで落ち込んで

でもでも、やっぱり試合で返すしかない!
点を取るしかない!


そう、息子に言っていたからなんですね。



そんな姿を見ていたら
気づいたら自分もまわりも
みんなみんな号泣していて・・・。



何だか、変な宗教団体みたい
でしたよ(笑)


この子達の中学サッカーは
ここで終わってしまったけれど


勝利よりも大きなものを
みんなみんな手にすることができたと
私は思っています。


自分だけじゃない、仲間のために。
自分だけじゃない、誰かのために。

戦い抜いた最後の総体。



こんな素晴らしい仲間に出会えたことに
心から感謝します。


ありがとうございます。


○。。。○。。。○。。。○。。。○

『ナカマ』

仲間に、出会えたキセキ。

仲間と、手にするキセキ。

○。。。○。。。○。。。○。。。○



私実は、この言葉を入れて
張り切ってうちわを作ったんです!


でも手作りだから
雨の中の試合で
文字とかデザインとかが
ぐちゃぐちゃになって(泣)


それでも、お母さん達はみんな
二日間ぐちゃぐちゃになったウチワを
しっかり握って応援してくれました。


キセキは・・・。

次に行くことのできるキセキは
起こらなかったけれど


仲間との絆という
何ものにも変えがたい奇跡を
手に入れることが出来たんじゃないかな〜・・・。






posted by dainoji at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。