2013年08月09日

遠くの花火



遠くの花火だからこそ・・・。


この間、隣街で花火大会が
行われていました。


昔は、足を運んだものですが
何せもの凄い人出なので。


ここしばらくの間は
家の中で、花火の音だけを
虚しく聞くという

何とも寂しい花火大会で。


「花火音鑑賞会」


みたいになってました(苦笑)

ベランダから見ると
音はするのに
目の前のホームセンターが邪魔で
見えない。


必死でジャンプしてみても
やっぱり見えない。
(まあ、10cmくらいしか飛んでないからね・・・)



でもでも今年は
何だかどうしても花火が見たくて


何かに呼ばれるかのように
家を飛び出していました。


すると、歩いて5分くらいの歩道橋に
人が少し集まっているではありませんか!?


もしや!!!


そう思って駆け寄ってみると・・・。



な、な、なんと!



遠くの方に
花火が舞っているのが
見えたんです!!!



この街に越してから
早10年。


10年目にして初めて知った
花火の穴場スポット!!



確かにね〜。


かなり遠いから
低い方の花火は
見えないものもある。



けれど。


見ず知らずの人たちが
みんなで同じ方向を見て
小さく拍手したり
小さく感動したり・・・。




遠くの花火を

そっと味わう。



ってのも、
なかなかオツなものだな〜。



そんな風に思いました。



決して派手さはないけれど
手のひらサイズの小さな花火。


しまっておきたくなる
そんな花火。



ああ、日本人に生まれて
良かった〜。





○。。。○。。。○。。。○。。。○
 

『遠くのハナビ』

気づかない幸せは
遠くの花火

大きくなくても
大きな空で

ちゃんと花を
咲かせてるから

どうか花火に
気づいてほしい

幸せの花に
気づいてほしい


○。。。○。。。○。。。○。。。○





幸せって。


大きなものじゃなくても


遠くの花火みたいに


小さく咲いているもの
毎日きっとどこかにちゃんと
咲いているものなんでは
ないでしょうか。


派手な美しさはなくても
優しさが輝いていた遠くの花火。


そんな幸せを
探してみても
いいかもしれない・・・。


そんなことを思った
夏の夜でした。
タグ:花火大会
posted by dainoji at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。