2014年01月08日

たまたまは、きっとない。






「明日、引っ越すことになったんです!」


そう言って今日
わざわざお店に挨拶をしに
来てくれたお客様がいました。


ココロのデザートの本や
私の作品がとっても好きだと言ってくれて


いくつもことばのギフトを
オーダーして下さった方です。


小さなお子さんを育てながら
頑張ってらっしゃってる方で
笑顔がいつも素敵でした。


慣れない場所に行って
最初の頃は大変なことも
あるかもしれません。



でもでも、あの笑顔があれば
どんなことでもきっと
大丈夫!そう思います。



ホームページを見て。

ココロのデザートの本を見て。

友達に聞いて。

たまたまお店の前を通って・・・。



お客様との出会いは
本当に様々ですが


偶然であるようで
実は必然的な出会いであると
いつも感じてしまいます。


お客様は、私の作品に
喜んで下さいます。


でも私はいつも
制作の過程で


お客様方から
たくさんのものをもらっています。


誰かが誰かを思う
強さや優しさや

人が何かに向かって
一生懸命やりぬくチカラの大きさや・・・。


本当にたくさんのことを
教えてもらっているんですね〜。



だから、お客様
おひとりお一人との出会いは
本当に大切にしたいと思います。


今日こうして
引っ越しの挨拶に来て下さった
お客様のうるんだ目を見て


改めて、出会いに感謝したいと
そう思いました。







●。。。●。。。●。。。●

人に会うから
笑顔になれる

人に会うから
大きくなれる

●。。。●。。。●。。。●




今年一年。


また素敵な出会いが
たくさんありますように・・・。


ありがとうございます。






タグ:引っ越し
posted by dainoji at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

こりずに、前へ。


遅くなりましたが


あけまして、おめでとうございます!!
今年も、どうぞどうぞ
よろしくお願いいたします。


本日から、仕事はじめです。


お正月は、感動の涙涙の
日々でしたね〜。


ずっと応援していた高校サッカーの
福島代表・富岡高校。



私がスタジアムまで応援に行った1回戦は
見事勝利したのですが
その後の試合で、負けてしまいました。


ベンチには、津波で行方不明になったチームメイトの写真。
応援席には「ご支援に感謝いたします」の横断幕。
そしてそして、大応援団の必死の声援。


たくさんの人の思いを背負って
富岡高校の選手たちは
精一杯頑張りました。


惜しくも、国立の舞台で
戦うことは出来ませんでしたが
彼らのその姿は


日本中の人たちに
大きな勇気を与えてくれたと思います。


昨日行われた高校サッカー準々決勝でも
色んなドラマがありました。


ロッカールームでの監督の言葉は
毎年ながら、涙なくしては聞けません。


実況のアナウンサーが言っていました。


「高校サッカーは、人間形成の場だ」と。


自分だけではない、仲間のために。
自分だけではない、支えてくれる人たちのために。


まだ10代の若者たちは
大きな大きなものを
つかんで成長するんでしょうね。


そして、どこまでもまっすぐな
彼らの姿を見て


大人の私たちも
もう一度、何かを思い出すのかもしれません。



そしてそして、箱根駅伝。


今年も、号泣シーンが多かった!


中でも一番感動したのは

「その一秒を、削りだせ!」


優勝した東洋大学の選手の腕に書かれた
チームの“言葉”です。


以前、20秒差で負けたことがあった東洋は
1人が1秒、2秒と縮めることが出来れば
そのタイムを補うことができたはずだと
考えたんですね。


そう考えた末の、今年のテーマだったと言います。


一人一人の最後まであきらめない意識が
今年の優勝を手に入れる結果になった。


どの大学も、もちろん同じ気持ちで
苦しいレースを戦ったのだと思いますが



私の目には、その中でも一番
団結していたチームのように
映りましたね。


明確に同じ言葉が、目の前にあるということは
明確な同じ意識を持ち続ける力も増すような・・・。



高校サッカーと、箱根駅伝。


新しい一年の幕開けに
最高のプレゼントを
た〜くさんた〜くさん
頂きました〜♪



さ〜!今年一年も
はりきって行くぞ===!


●。。。●。。。●。。。●。。。●


こりずに年が 明けたから

こりずに前へ 進んでいこうか

●。。。●。。。●。。。●。。。●




何があっても、どんなことがあっても
こうやってまた年が明けてくれました。


だからこそ、前へ。

前だけを見て
進んでみようじゃありませんか〜♪♪♪


10代、20代の若者には
負けてられませんよ〜♪








posted by dainoji at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

夢かなう気持ち



いよいよ、昨日から始まりました!
全国高校サッカー選手権!!


今回、福島県代表の
富岡高校を応援しています。


福島原発の避難区域にある富岡高校は
現在も、別の高校を間借りしている状態で
生徒たちはがんばっているんですね。


自分たちの校舎で学ぶ事もなく
自分たちのグラウンドで
練習できることもなく


苦しい環境の中でやっとの思い出手にした
選手権の切符がありながらも
富岡高校は、試練にたたされたのです!



高校サッカーに出場する為には
交通費や宿泊費など含めて
1,000万円もかかるんだそうです。


普通は、学校のOBなどに
寄付金をお願いして
出場費用を捻出するのだそうですが


福島は今もなお
避難を強いられている人が多い県。


卒業生も、各地に避難しているような状態て
なかなか寄付金を集める事が出来なかった。


でも、いろんなメディアで取り上げられたりして
国内外から支援金が集まったんです!


そしてついに、富岡高校は
無事に選手権に出場する事が
出来たんですね。


サッカーをしている高校生にとって
選手権の舞台である国立のピッチに立つ事は
大きな夢です。


4月から高校生になる
うちの一人息子君も
そんな大きな夢を抱いている一人。


その為に、選手たちは
毎日努力して努力して


その中のたった一校だけが
手にする事ができるのが
全国高校サッカー選手権出場の切符です。



しかし今回は、切符を手に入れたにも関わらず
出場費用という壁にぶちあたり
それでも、たくさんの人のチカラをかりて
その壁を乗り越え



今日、彼らは
選手権1回戦に挑みます。




私、応援に行ってきます!


自分の目で、彼らが必死で戦う姿を
見たい!

そして、彼らを応援する人たちに交じって
自分も応援したい!

そんな思いを胸に
行って参ります。



●。。。。●。。。●。。。●


思う 気持ちは
届く 気持ちへ

もっと思う 気持ちは
夢 叶う気持ちへ

●。。。●。。。●。。。●




富岡高校の選手の思いが
今回、たくさんの人たちの心を動かした。


あきらめずに、前に進むチカラは
人を動かし、心を動かすんだな〜。



今日で、今年一年も終わります。

たくさんの人に
私も、たくさんのあったかい思いを頂きました。

いろんな場面で
たくさん助けて頂きました。


本当に本当に
ありがとうございます。



来年は、一人でも多くの人のために
何かが出来るような毎日を
過ごしていきたいと思います。


誰かの思いに気づき
誰かの思いを応援できるような


そんな一年にしたいと思います。


お世話になった全ての皆様
本当にありがとうございました。

どうぞ、よいお年を〜。
posted by dainoji at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。